株式投資は簡単ではない

最近は、投資がブームになっているの?と思うくらいに、手軽さを謳っているようなところもよく見かけます。

昔のように年功序列の制度が崩れつつあるだけに、みんな自分の資産を増やしたいという気持ちが強くあるのはわかりますが、実際には投資というのはそんなに手軽なものではありません。

余剰の資金があって、その上で「損をしても平気」くらいの余裕がなければ、気軽に投資しようなんていう考えはまず捨てたほうが良いでしょう。

当然ですが、そんなに手軽ですぐに儲かるというものはありません。

手厳しいようですが、痛い目を見てからじゃないとわからない、なんていうよりもきちんと言ってくれる人が周りにいたほうがいいくらいだと思います。

そんな風に脅かすようですが、実際には投資をしたから必ず損をするということではありません。

しかし、必ず儲かるというわけでもありません。

未来なんていうものは誰にもわかりませんから、投資の得した損したというのは、結果論でしかありません。

そのようなことをリスキーだと感じられる人は、投資も慎重になるので良いと思います。

問題は、リスクを考えずに、良いビジョンのみしか見ないで突き進んでしまうタイプの人です。

気軽にやっているように見えて、投資をしている人というのは、リスクに対してきちんと対抗策を取っています。

さまざまな勉強をしたり、情報を集めたり、プロに相談したり、そのように頭を使って投資をしているのです。

自分のお金がかかっているのですから、当たり前のことですよね。

さも、儲かるように宣伝し、リスクについて説明してくれないようなところは、絶対に信用してはいけません。

むしろ、クドイくらいにリスクを説明してくれるところを信用したほうが良いくらいです。

自分の資産ですから、すべては自分の責任になります。

自分の資産を増やすも減らすも、自分の判断次第です。

だからこそ、自分の資産を守るためにも、投資信託のリスクをしっかりと知識として身につけましょう。