株は持っているだけでなく売る行為も必要

投資信託をするという人にとって、株の売買のタイミングというのはとても重要ですよね。

これから伸びそうな見込みの株をなるべく安価で購入することができれば、利益を見込むことができます。

見込み株を見つけて積極的に購入していくことは、資産を増やしていくことにも繋がっていきますので有効な方法であるといえます。

しかし、ただ購入だけをしていけば資産を増やし続けることができるのでしょうか。

それについての答えはNoです。

株価というのはご存知の通り、変動するものです。

株価というのはさまざまなものの影響を受けますよね。

その会社の業績はもちろん、社会的な影響や時事問題など、さまざまな要素が絡んできます。

そのため、着実に株価が伸び続けていた株であっても、突然暴落するようなこともありえます。

たとえば、会社の不祥事が発覚したり、何かのトラブルに巻き込まれたり……、そのようなニュースが出れば、その会社の株価はすぐに下落します。

株というのはそのような変動の差で、儲かることもあれば、損をすることもあるのです。

だからこそ、普段から株価の変動はもちろん、時事問題やニュースなどの情報収集に気をつけなくてはならないのです。

見込みの株が予想通り伸びることはもちろんあります。

しかし、ただ株を持ってさえいれば儲かるというものではありません。

株を買うこと自体は簡単ですが、実際に重要なのは「株を手放す時」です。

どのタイミングで株を売るかによって、購入時との価格の「差」が決まりますよね。

もちろん、この「差」によって利益も、それから損も確定するわけですから、「株を手放す時」がいかに重要かわかるのではないでしょうか。

「もう少し持っていれば株の値段が上がるかもしれない」と思うと手放せないですし「購入時より大幅に値が下がっているからいま手放したら大損だ」ということもあります。

株をいつどうやって売るか、これは誰にも正解がわからない難しい判断だといえると思います。